走行距離と保証

中古車を購入するときには、走行距離は短い方が品質は高くなります。例え年式が古かったとしても、距離が少ないとその分品質は良い状態を保っております。
年式が古い車はそれなりに価格も安くなっているので、走っている距離を見て購入することが、安くて良い車を購入するためのチェックポイントになります。
走行している距離が少ないと、エンジンやミッション、足回りなどの調子が良いために、走りに問題なく運転することができます。また、使用している回数が少ないために、傷なども少ないので、ボディの傷などはあまり見られないことが多いです。
同じ年式で、走っている距離が長い車と比べると、部品の消耗があまりないので、車検をする際にも部品の交換などが少なくてすむために、結果的に費用を安く抑えることができます。
次に保証については、新車として購入した際のメーカーのものが継続されている場合と、中古車販売店が独自で用意したものがあります。
新車購入時のものの場合には、年式や総距離数などの条件を満たしているもので、それを満たしていない場合には、販売業者が独自に用意したものをつけることになります。
中古車販売店が用意したものの場合は、販売店によって異なるので、問い合わせる必要があります。

コメントは受け付けていません。