車種とボディタイプ

自動車の外観には、いろいろありますが、大きくボディタイプで分けると次のようになります。
一番オーソドックスなものはセダンです。代表的な車種は、少し古い感じがしますがクラウンです。セダンのトランク部分までルーフを伸ばしたものが、ワゴンです。レガシーツーリンワゴンなどが、このタイプです。
小型車に多いのが、ハッチバックです。別名コンパクトハッチバックと呼ばれています。例えば、フィットのような車です。もう少し大きな車体の車は、単にハッチバックと呼ばれます。
ミニバンも人気のあるタイプで、これは、セレナのような車です。ミニバンとよく似ていますが、ハイエースのような1ボックスカーというタイプもあります。こちらは、ほとんど直方体のボディにタイヤがついていて、エンジン等は床下にあります。
乗用車では、ロードスターのようなルーフを格納できるオープンカーがあります。しかし、日本では余り見かけません。これは、天候が急に変わることが珍しくないのと、トンネルが多いからだと思います。
この他には、トラックがありますが、これとは別にピックアップトラックのような4ドアの4人以上乗れて、荷台が少し狭くなっているトラックもあります。これは、ハイラックスが代表的ですが、海外では人気のあるタイプです。

コメントは受け付けていません。