中古車購入手続きと名義変更

中古車を購入した場合には、そのままでは車検証などに前の所有者の名義が記載されていますので、かならず名義変更を行う必要が生じてきます。この手続きについては、普通は購入した中古車販売業者に必要な書類を預けておけば、役所への手数料などを除いて、サービスですべて実行してもらえる場合も多いようです。
実際のところはそれほど厳密ではありませんが、法律上は購入してから15日以内に名義変更をすることが求められており、税金の納付や次回の車検など、さまざまな不具合が生じますので、早めにしておいたほうがよいものです。
運輸支局に行って自力で名義変更をしようとする場合には、前の所有者の譲渡証明書、印鑑登録証明書、委任状、ほかに車検証などの書類が必要となります。これらは車を購入した際に中古車販売業者から渡されるものですので、絶対になくさないようにする必要があります。中古車販売業者に依頼する場合には、これらの書類は業者が責任をもって預かっていますので、特に心配はありません。
そのほかに、購入する側でも役所で印鑑登録証明書を取得しておく必要があるほか、書類に押すための実印が要りますが、これは自力で行う場合、業者に依頼する場合のどちらであっても求められます。

コメントは受け付けていません。